別府おススメ観光&グルメスポット「鉄輪地獄蒸し」の場所や料金など詳細

スポンサーリンク
別府温泉 鉄輪地獄蒸し工房01

別府温泉の人気の観光スポット&グルメスポットとしておススメの「鉄輪地獄蒸し」の場所や料金、その他詳細です。
別府温泉の高温の蒸気を利用して野菜やお肉や海鮮などを蒸して、その場でいただける別府のイチオシ観光&グルメスポットです。

別府温泉、おススメ観光&グルメスポット「鉄輪地獄蒸し工房」

別府温泉 鉄輪地獄蒸し工房02

 

地獄蒸しとは?

鉄輪地獄蒸しは、別府鉄輪で江戸時代の頃から用いられていた調理法の「地獄蒸し料理」を実際に体験出来る施設。

別府の鉄輪温泉には、昔から湯治客が宿で自炊するときに利用した温泉噴気のかまどがあり、
このかまどを別府を訪れた観光客にも体験出来るようにしたのが、この「鉄輪地獄蒸し工房」
別府温泉 鉄輪地獄蒸し工房03

 

鉄輪地獄蒸し工房のシステムは?

「鉄輪地獄蒸し工房」には温泉の蒸気で色々な蒸し料理が出来る大小の釜があり、釜の利用料金を払うシステム。

蒸す材料は現地でセットを購入することも出来るし、持ち込み料金はいるが自分で好きな野菜やお肉や魚介類などを持ち込むことも出来る。

釜の利用料と材料代だけで家族分の入場料などがいるわけでないのがいいですね。

 

時刻蒸し工房の利用料金&材料セット料金など詳細

【料金】

地獄蒸し釜基本使用料(30分以内)・・・510円
地獄蒸し釜(大)基本使用料(30分以内)・・・820円

延長使用料(10分又は端数を増すごと)・・・150円
地獄蒸し釜(大)延長使用料(10分又は端数を増すごと)・・・250円

持ち込み料;(小)300円、(大)400円

【蒸し材料】

海鮮Aセット:1,380円、海鮮Bセット:1,380円、海鮮スペシャル:3,000円
豚肉蒸ししゃぶセット:11,300円、鶏ももセット1,200円、手羽先セット600円
野菜Aセット:1,000円、野菜Bセット:1,200円、スイートコーン:400円など

※自分たちで好きな材料を持ち込む時はある程度同じくらいの大きさに切るなどの下準備をしておく方がいいです。
(もし切ったりしてなくても調理場で蒸しやすいように切りそろえてセットしてくれます。)
準備した海鮮や野菜などの材料を受付に出すと、釜で蒸しやすいように調理場でセットしてくれます。

先日、私たちが行ったときにはキャベツとしいたけブロッコリーとさつま芋と鶏肉と玉子を持って行ったので、
受付に出し蒸すざるにセットしてもらいました。

 

地獄蒸し釜で指導してもらいながら自分で釜にセットします

調理場でセットしてもらった材料を釜に持って行くと、ゴム手袋をして蒸し釜にざるを重ね、担当の人が説明を聞きながら自分でセットしていきます。

鉄輪地獄蒸し 釜にセットするところ

 

鉄輪地獄蒸し工房 たまご

 

材料によって蒸し時間の差があるのでタイマーをセットし時間になったら釜を明けに来ます。

さつま芋がちょっと時間が他の材料よりかかりましたが、蒸しあがったものがから熱々をいただきました。

地獄の蒸気で蒸した野菜やお肉の味は格別!

別府温泉 鉄輪時刻蒸し工房 蒸し材料セット

温泉の高温の蒸気で蒸したお肉や野菜・卵はホクホクしてたまらない美味しさでした。
何も調味料を付けなくても、野菜の本来の甘味があっておいしい。

ポン酢などが現地にありましたが、マヨネーズなど自分で持ち込むことも可能です。

ちまきや蒸し寿司などご飯類やアイスクリームなどのデザートも販売してました。

※鉄輪地獄蒸し工房ではアルコール類は販売してません。持ち込みも不可です。
ノンアルコールビールの販売はしていました。

 

地獄蒸しの待ち時間には足湯を楽しめる

鉄輪地獄蒸し工房に足蒸しや足湯が出来るところが併設されているので、
材料を蒸している間の待ち時間や料理を食べ終わった後に、別府温泉の足湯や足蒸しを楽しむことが出来る。

別府温泉鉄輪足湯、足蒸し湯

 

鉄輪地獄蒸し工房へのアクセスは?

住所:別府市風呂本5組(いでゆ坂沿い)

・自動車
別府ICで降りて右折して九州横断道路を下って7分(3.8km)ほど走り、ホテル鉄輪のある交差点を左折
みかど屋という八百屋さんの隣の大谷公園の中を通ると駐車場がある。

・バス
JR別府駅西口から亀の井バス2番、5番、7番、9番、41番に乗り「鉄輪」で下車(所要時間約20分)
JR東口から15番、16番A、17番、20番、24番、25番のバスに乗り「鉄輪」で下車(所要時間約30分)

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おススメお立ち寄り湯

  1. 登録されている記事はございません。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る